堅実に確実に資産運用するなら投資信託

銀行に預けておいても貯蓄がほとんど増えることのない現在の日本において、資産運用という概念は非常に重要なファクターです。

連日のニュースを見ていてもわかる通り、年金をあてにしていても、数十年後それが確実に自分の懐に入ってくるかも怪しまれる時代なのですから、 今ある資産を運用してできるだけ自分でお金を増やしておくのは、ライフプランニングを行ううえでは必須のことといっても過言ではないでしょう。

最近ではネットワークが一般家庭にまで普及し、オンライン上で株取引や外国為替取引が可能になりました。 FXやCFDといった金融商品名を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

そういった金融商品は時として、大きなリターンを生み出します。 しかしその反面、FXで破産した、株投資で大きな損害を被った、という話を聞くことも多いものです。

つまりそういった金融商品はハイリスク・ハイリターンであるということです。 リスクを抑えるため、リターンを得る機会を増やす為には、膨大な知識と膨大な経験が必要となります。

もちろんそれらをはじめることが駄目なわけではありませんし、努力が利益に結びつくという意味では大いにやってみる価値はある資産運用でしょう。 しかし、そんな努力をしたくない、もっと確実な方法で資産を増やしたい、という方にぴったりなのが、投資信託、俗にファンドと呼ばれる金融商品です。

投資信託は、様々な個人や団体から投資を募り、集まった資金を元にプロのファンドマネージャー(投資の専門家)が投資によって利益を生み出す、という金融商品です。 お金を投資した人は、決まった期間で投資額に応じた比率の配当金を得ることができ、なによりお金を投資するだけ、というのが魅力の商品です。

投資信託にも様々な種類がありますが、当然リスクも孕んでいます。 しかしそのリスクは、銀行が破綻することもある現在においては微々たるものといえるでしょう。

得られる配当も投資信託の種類によって異なりますが、3%から7%程度のものが主流のようです。 100万円投資すれば、103万円から107万円程度になって返ってくる、というのが投資信託という商品なのです。

将来を見据えて、長期のスパンで確実に増やすという意味では、年金制度などよりも非常に有用な資産運用といえるでしょう。 知っていると知っていないとではかなり将来の資産に差が出る金融商品なのですが、言葉の堅さから敷居が高いと思い込んでいる方が多いのが、非常に残念ではあります。

 

●FXのブログ

●資産運用の方法

●資産運用するなら投資信託

●資産運用でお金の増え方がかわる