資産運用の方法

資産運用の方法はいくつかありますが、多くの方が利用しているのが株です。 最近では主婦の方をはじめ、学生でも株で資産運用している方が珍しく無くなってきました。

他の資産運用の方法の一つとして預金があります。 昔に比べて金利は低いのは事実ですが、一番簡単な資産運用としては預金が一番簡単でなじみがあるという理由で、多くの方に利用されています。

投資信託である外貨MMFを利用されている方もいます。 リスクが少ないために安全性が高いといわれる外貨MMFですが、リスクはゼロではありませんので活用する際には注意が必要であるといえるでしょう。

投資信託や個人向け国債も資産運用の方法としてさらに挙げる事ができます。 そして基本的にリスクが少ない商品は利率が低いのが定説になっていますので、リスクを減らす運用として分散投資をされる方も少なくありません。

例えばハイリスクで利率のよいものに少し投資をして、リスクの少ないものに多めに投資するといった方法です。 もし運用資金が余剰資金なのであればリスクの高い商品の割合を増やす事もできますし、運用資金が将来の生活資金である場合でしたら リスクの少ない商品の割合を増やせば、効率よくかつ安全に資産運用する事ができるでしょう。

証券会社に相談すると色々と教えてもらえますので、実際に聞いてみるとよいかもしれません。

 

●FXのブログ

●資産運用の方法

●資産運用するなら投資信託

●資産運用でお金の増え方がかわる