FXで始める資産運用ガイド

これからの資産運用

金利が高ければ預貯金でそれなりに資産は増えますが、低金利時代の今、預貯金で資産運用はできません。 年金も期待している額ほどもらえそうにない今、資産運用を考えなければなりません。

資産運用には、2つの方法があります。 利益確定型の資産運用と、ハイリスク・ハイターンの資産運用です。

利益確定型は、国債や銀行などが発売している、利益確定型投資信託で、金利は銀行よりも多少良い程度ですが、損することはありません。 ハイリスク・ハイリターンの資産運用には、株式投資、先物取引、外国為替証拠金取引の通称FXがあります。

FXは口座開設してすぐに取引できる点もメリットですが、少ない資金で大きな取り引きができるのもFXの特徴です。 それがレバレッジと呼ばれるもので、FXでは証拠金の100倍から400倍程度で取引することが出来ます。

例えば10万通貨をレバレッジ400倍で取引すると、4,000万円の取引をしていることになります。 FXは外国為替相場の値動きを予想して投資をします。

1日で見ると、50銭から70銭程度の値動きでも、1分、5分と短い間に大きく変動するので、短時間で大きな利益を生みますが、反対に大きな損出を出す場合があります。 FXで資産運用するのであれば、最初にリカクと損切りのポイントを決めて、注文をだすことがポイントです。

なぜFXで資産運用なのか

FXで資産運用する方が増えています。 実際に新聞などで、主婦が1億円儲けたとか、税務署から注意を受けたFX投資家が多くいることなど話題になりました。

FXは外国為替証拠金取引のことで、外国為替の値動きを予想して投資を行う金融商品です。 FXは通貨ペアと言い2か国の通貨で投資を行います。

一般的な米ドル/円ならば、ドル高/円安、ドル安/円高を予想することになります。 またレバレッジと言って投資金額の100倍から400倍程度で取引を行います。

10万通貨レバレッジ200倍で取引した場合実際には、2,000万円の取引を行うことになります。 その為、投資家の予想通り相場が動いた場合、それこそ1分で大きな利益を出すことも出来ますが、反対に大きな損失を出すこともあります。

現在、米ドル/円のスプレッドは、0.7銭から1銭程度と安くほとんど手数料なしで取引できるのがFXで投資する方が増えている理由の一つです。 インターネットの環境があれば、FX会社の審査はありますがほとんど問題なく取引が開始出来る手軽さもFX投資の大きな特徴です。

FXで資産運用を始める

FX関連情報